2011年07月02日

そしてらくがき

多分、ありもしないものを、まるで存在するかのように思わせる技術やアイデアというものに、僕はずっと昔から憧れてきたのだと思う。それは絵や視覚情報だけに限ったことではなく、そんな風に思う、感じる、ことができれば、僕にとってはやり方はなんでも良かったのだろう。

トールキンの『指輪物語』はすばらしいし、東京ディズニーランドには感心するし、拡張現実(よくARと呼ばれている)のようなテクノロジーにはとても興味がある。

自分でもそういったことができるようになりたいと、まだそんな自覚がない頃から絵を描いていたように思う。
多分これからも、そんな事を続けていくのだろう。

loukken_illust_110630.jpg

「どうだいこの世界観は!」
「だるまさんがころんだ?」
技術が未熟だと、ちゃんと伝わらないこともある。


posted by McGand at 09:01| Comment(4) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
あれ、Loukkenって「Loukkenとユカイな仲間の珍道中」的なストーリーになっちゃったの?w
Posted by deema at 2011年07月02日 23:50
>deemaさん

なっちゃったのというか、まだそこまで確立された世界じゃないですからね・・・残念ながらw
まぁ「and the folly fellows」だし僕はこういうアホなの好きなんでしょうねどうやら・・・(笑
Posted by McGand at 2011年07月03日 07:45
あー、そうだった、「and the folly fellows」だったね( ̄▽ ̄)

続き描いてねっwww
Posted by deema at 2011年07月04日 22:47
がんばります〜!
Posted by McGand at 2011年07月06日 07:33
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。