2007年11月16日

後悔するほど遊ぶ 後悔できないほど遊ぶ

「後悔するほど遊ぶ」が面白い。

遊ばずにはいられなくて、まずいと分かっていても止められない。
さんざん遊んだあとで、この時間をもっと他のことに使っていたら一体何が出来ただろうと後悔する。

それがどんな遊びかは別にして、たぶん多くの人はそういう経験をしてるのだろう。
僕ももちろん経験があるので、とてもよく分かる。


ところでこの記事では、後悔する遊びとそうでないものがあるようだ、その違いは一体なんだろう、というあたりにも触れていてなかなか面白い。
ここでは、その遊びが社会的にどのような認知を得ているかに関係しているのではないか、という風な事を言っていたが、とても興味深いテーマなのでメモ程度に自分の考えを書いておこうと思う。


僕としては、社会的に十分な認知を得ている仕事をしていたって、どうしようもなく虚しいと感じる人はたくさんいる(らしい)一方で、どんなに遊び倒しても「あ〜楽しかった」ですんでしまう人もいることから、ちょっとその方向での説明は苦しいように思う。

なんであれ、その行動の将来に対する意味を問わない人たちもいて、そういう人たちは、遊びすぎた結果として失われた時間を思って後悔する、ということは無いように思う。

失われた時間を使えば別の何かを生産できていたとして、そちらのほうが価値があると考える人は後悔するかも知れない。
でも、何かを生産することに価値がある、と思っていなければ、その意味では後悔はしないのである。

だから、社会的な認知が自分の後悔と関係しているというのは、社会的な価値観とその人の価値観が近いところにあるということを示しているに過ぎないのだろう。

後悔するかしないかは、もっと個人的な問題なのだと思う。
しかし…その行為が娯楽であるせいなのか、それとも
人は過程だけでは満足しないのか、後悔が生まれる。

過程だけで満足できるほど遊ぶべし、という話しなのかも知れず。


posted by McGand at 08:46| Comment(2) | TrackBack(4) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月27日

怒りパワー

圧倒的優位の敵に遭遇
 ↓
今にも死にそうになる
 ↓
なんかのキッカケで怒り爆発
 ↓
勝てるはずのない敵に勝利
 ↓
最初に戻る


この構図だけを繰り返して成長のお話しだと言われてもなぁ。

まぁ成長と言えば成長なのかも知れんが、そこから学んだのは「キレる」ことによって何かが解決したというろくでもない経験だけではないのかと。
「キレる」ための理由にバリエーションはあるみたいだけどさ。

だから主人公的には、何回かそれをやったなら、どうやれば効率的に怒りパワー炸裂の状態にたどり着けるのかくらいは考えたほうがいいと思うんだ。
posted by McGand at 22:04| Comment(2) | TrackBack(0) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月22日

GLOBARANGEのレンジ外な日本

ようはIP電話なんだけど家電的な扱いってのがステキなグローバレンジ
GONZOのアニメも分かりやすくていいなぁなどと思いつつ、こんなカンジの気になる商品。

松下が作ってるんだから最初のサービス開始地域に日本が入ってないのは不自然じゃないかと思うんだけれど、まぁできないんだろう。
いろいろ勘ぐってしまうけど、この際それはどうでもいいから早く日本でのサービスを開始して欲しいところ。

端末バリエーションを作る際には白っぽい球体仕様でパランティアという商品名のヤツを期待。
posted by McGand at 00:07| Comment(2) | TrackBack(0) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月30日

黒騎士

先日データを整理していたら、随分以前に作った画像が出てきた。
これを見ると、大分前から自分の頭の中にあるものは変わってないらしいことがよく分かる。喜ぶべきか悲しむべきか。


visitor.jpg

「お前は死を目にして死を知らぬのか?さあくたばって、空しく呪うがいい!」
「いいから仕事しろよ」
ラベル:
posted by McGand at 12:37| Comment(5) | TrackBack(0) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月06日

ホログラフと仮想現実

ディーゼルのファッションショーでホログラフを使った演出があったそうで、Youtubeにその映像が上がっていた。
http://www.youtube.com/watch?v=CCcTRjxP-Fc&eurl=http%3A%2F%2Fwww%2Enitenichiryu%2Eorg%2F

TDLに行けば必ずホーンテッドマンションに入り込んで、ホログラフ(なのかそれっぽいだけなのかは分からないけど)の幽霊達を見ては鼻息を荒くする僕としては、こんな映像を見せられて悶絶しないわけはなく。

よく仮想現実と現実(「リアル」という言葉が使われることが多い)の対比を言う人たちがいるけれど、僕は昔からそういう話の展開にはあまり興味がない。

結局のところ自分の脳が何に対して「自分にとっての現実味」を感じるかが全てで、仮想かそうじゃないかは関係ないと思うのだ。

皮膚を通して得られる感触によってその「現実味」を実感する人と、頭の中だけで完結する、例えば概念のようなものに「現実味」を感じる人と両方いるでしょ世の中には、ってだけの話だと思う。

ただ、仮想現実と現実という分けかたは、素朴な感覚として分かりやすいと思うから、その二つに厳密な違いはないんだ!なんて無理に言うつもりはないけれど。
対立する概念として話を進めるのはナンセンスだなぁと思うだけの話。

ホログラフは仮想現実が現実に漏れ出てきたような感覚がとても面白い。

こっちのグローブの件もそうだけど、仮想現実の要素がどんどん現実へとアプローチしてきていて楽しみな事だらけだ。
http://blog.livedoor.jp/dqnplus/archives/992844.html

posted by McGand at 15:36| Comment(5) | TrackBack(0) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月12日

麹の部首の響きがステキすぎる

ちょっと必要があって、「麹(こうじ)」という字を調べていたときのこと。
この字の部首は一体何なのかという話になって、漢和辞典のお世話に。

どうやらこの部首は「麦」だそうで、「ばくにょう」と言うらしい。
(日本語変換だと簡単なほうの字が出てくるので、部首が麦なのは分かりやすいが、調べていたときは難しいほうの字だった)

だからどうしたという話なんだけど、この響きがなんだか。

とりあえず変換してみたら最初に出てきたのは「縛尿」だった。
う〜ん・・・。
posted by McGand at 09:42| Comment(2) | TrackBack(0) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月10日

らくがき

今日はいい塩梅に時間が出来たので、時々描いてる落書きを進めてみた。
落書きは楽しい。
Velguitt_01.jpg


ところでこの落書きとは全然関係ないけど、「アサシン・クリード」というゲームが気になる。
プレイヤーはムスリムで、十字軍の要人を暗殺するゲームとのこと。
ゲームプレイとか見ると、なかなかいいカンジに見える。
http://www.youtube.com/watch?v=qvs9FxCxvy8&mode=related&search=

ん〜 こういう絵作りは楽しそうだなぁ・・・
ラベル:
posted by McGand at 20:20| Comment(2) | TrackBack(0) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月18日

EVE Online

以前から気になってはいたが手を出せなかったゲーム「EVE Online」。
この記事によるとどうやらこれが日本語環境で遊べるようになるらしい。
しかも日本語サーバを用意するのではなく、海外と同じサーバを使うとのこと。

以前からそういう風な環境を提供してくれるMMOはないものかと思っていた(し、自分の周りでもそれを希望する声は多かった)のだけど、それを実現する最初のゲームが剣と魔法じゃないのはちょっと残念だ。

とはいえ、SFは詳しくはないけれども好きではある。
最初はなんとなくかっこいいと思うものを追っかけてるうちに、ありもしない世界がだんだん存在感を増していくあたりは、剣と魔法の世界と同じ事なのだろう。

とても楽しみだ。
posted by McGand at 15:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月24日

LOTROかVGか、あるいは

『指輪物語オンライン』の日本語版がクローズドベータ開始してからは、あっちこっちから「やらないの?」的なことを聞かれる。

そりゃもちろんやりたいに決まってる。
しかし現時点ではどちらかというとVANGUARDのほうが遊びたかったりしつつ、どちらも遊べてなかったりしつつ。

個人的には、LOTROに望むものは当然、ミドルアースに生きる実感を得られるかどうかなんだけれど、実際にそういうつくりになってるんだろうか。

EQを作った人たちは、別の世界に生きることを実現しようとしていたように思うし(みんながそういう風に遊んだかは別の問題だけど)、その意味ではEQの初期スタッフが作っているVGのほうが楽しみだ。

しかしVGのほうはグループ組まないと遊べなそうだし、それこそが面白いところだというのは分かるけど実際にそうなると時間も含めていろいろ困る。
そこでLOTROがどうかという話になるわけだけど、どうなんだろう。
そもそもどちらにせよ、望んでるものなんかないかも知れない。

遊んでみればいい話だと思うけど、うっかり面白かったらどうしよう。
また意志の弱い僕は遊びすぎてしまうに違いない・・・。

「オラ、こんな風にふたつかみっつに引き裂かれちまってますだ」
posted by McGand at 11:48| Comment(6) | TrackBack(0) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月01日

偉大な老魔法使いは消えた

近頃のファンタジー世界では、やけに若い魔法使い達が大活躍し、世の中のことはなんでも知っていたりするわけだけれど、
『老人が尊敬される時代は終わった』
みたいな記事を読めばそれもよく分かるというものだ。

「魔法使い=賢者=老人」という構図に執着する僕としては、近頃の老人が何故これほど威厳を保てないのかについて考える事が多かった。
それでその理由についていろいろ考えがあったのだけれど、この記事はとてもよくまとまっていたので、書くことは無くなった。

それはともかく、老人が賢く見えなくなったこの時代に、賢者たる魔法使いが老人だったりすると、むしろリアリティがないのだろう。

時代に敏感な作家ならば、当然書いても売れないような要素は入れないから、物語の中からも「偉大な老人」はますます減っていく。

老人の魔法使いといえば敵役で、今では失われた「偉大な老人」の幻影を象徴する。
それは「偉大な老人」などいなかったと告げる。
周りがバカだっただけで、しかし今ではそれも克服された。
そうして彼は、若さあふれる魔法使いに打ち倒される。

分かりやすい事、共感できる要素はとても大事だ。


それでも、子育てに翻弄される母親は、もし可能ならば自分の親に尋ねるだろうと僕は思う。
自分を育てたときはどうやったのかと。
posted by McGand at 03:01| Comment(2) | TrackBack(0) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。